大腸がんや骨肉腫の転移を防ぐ|進行スピードを抑える方法

手足を残せる手術

関節

骨肉腫は原発性悪性腫瘍の1つで、骨に発生する病気になります。若い世代に多く発症するこの病気は、放置していると症状が悪化してしまうため、早めに病院の整形外科を受診しましょう。

View Detail

食道がんの種類

シニア女性と看護師

食道がんは食道に発症するがんです。食道は3種類に分けることが出来ますが、国内の食道がんのほとんどは胸部食道に発症するとされています。原因や対策方法をしっかりと把握しておきましょう。

View Detail

子宮頸がんの原因

女性患者と女医

子宮頸がんは子宮がんの中でも発症率が高い病気です。子宮頸がんの原因とされているパピローマウイルス感染症は、ほとんどの女性が経験し自然治癒します。その中でも自然に治ることのない場合に子宮頸がんの要因となってしまうのです。

View Detail

大腸がんの死亡リスク

女性と看護師

大腸がんが発生する大腸という臓器は、体内に取り込まれた水分を吸収する機能があります。また便を作るのも大腸です。この大腸と言うのは盲腸や結腸、直腸などに分けることが出来ますが、この大腸部分の粘液部分に発症するがんを大腸がんと言います。大腸がんは日本でも発症率が高いがんの1つで、死亡するリスクが高いことで有名です。大腸がんはその進行スピードそのものは比較的ゆっくりなのですが、浸潤や転移しやすいというが特徴です。大腸がんは、大腸壁から次第にリンパ節に転移し始め、最終的には全身の細胞や臓器にがん細胞を増殖させてしまうのです。

大腸がんの原因としては、高カロリーな食事や脂質タンパク質の過剰摂取があります。これは戦後、急激に国内の食文化が欧米化して来たことにも起因します。高カロリーな食事は便が大腸部分に留まる時間を長くしてしまいます。そうなると便の中には発がん性物質が含まれているため、大腸がんの発生リスクを向上させてしまうことになってしまいます。またもう1つの原因としてはタバコです。タバコには大腸だけでなくその他の臓器の発がんリスクを高めてしまうのです。ある研究結果によると喫煙者はタバコを吸わない人に比べて、7倍も大腸がんになりやすいことが分かっています。大腸がんは放置していると死亡するリスクもあるため、適切な処置を早い内に受けましょう。大腸がんの検診は手軽に病院で受けることも出来ます。市町村によっては助成を受けることが出来る可能性もあるため、お住まいの地域の自治体に確認しておきましょう。